ひとモノBLOG

07 « 2017 / 08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile
SHOO
  • SHOO
  • 機械系の学生。の割にプログラミングとかのほうが得意だったり。
  • RSS
links
BLOG内検索
Adds by DTI Blog

最近のD
2007/12/19(水) [00:20:40]

最近のD言語はD2.0系列に興味深い更新がある反面、D1.0系列+Tangoでも充実した更新がみられる。 なんとも、どっちを使うべきか悩ましい感じです。
このままD1.0のバグが取れていけば、ある程度枯れた言語として強力なライブラリであるTangoやDFLを使って安定した開発ができるのではないかと思う。 ただ、その場合は当然ながらD2.0での面白い機能強化が楽しめない…
D2.0はもっとライブラリが充実してくれたら愉快そう。 Tangoの方も実験的にD2.0の対応をしてみてはいるみたいですが…期待。超期待。
もうじきTangoの0.99.4がでそうなのはいいけど、DFLとかは対応するまで自力で変更する必要があるんだろうな…
なんといっても、toUtf8からtoStringに変更するのが面倒くさそうだ…

D2.0もmacroとかを早く対応してくれたらなぁ、と思います。 macroが出たら__FILE__, __LINE__と入力しなくて済むようになってデバッグが多少楽になったらいいな、と夢想してみたり。


そもそも、D言語の言語仕様がいつまでたっても安定しないといわれているのは、ごく一部の言語マニアが最新情報を追いかけ続けているからで、D1.0だけ見れば十分に実用可能と言えるのではないかと思うのだけど…
まぁ、下位互換性がない変更ばかりだから最新追いかけてないと更新するときにしんどくなる…ってのはあるのかもしれないけど。
とりあえず、D1.0、Tango(標準ライブラリ)、Mango(XML、ICU)、DFL(GUI)、Win32(windowsプログラミング)あたりが最初から使えるようになっていて、(日本語の)参考文献が豊富なら…と思うんだけど、実際どうなんだろ。


rel="prev"<<太い眉毛がお好き | ホーム |

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
| HOME |