ひとモノBLOG

02 « 2017 / 03 » 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
profile
SHOO
  • SHOO
  • 機械系の学生。の割にプログラミングとかのほうが得意だったり。
  • RSS
links
BLOG内検索
Adds by DTI Blog

映画観てきた
2007/04/30(月) [15:31:55]

映画を見てきました。
バベルと電撃。
あと昨日友達の誕生日だったのでプレゼントしておきました。
?在中。
ってことで、この絵はWEB拍手内に置いておきますね。

?バベル

意味不明。
これで入場料を取るのはひどいなって思った。
「バベル」より、「犯罪者密着ドキュメンタリ4本仕立て」とかのほうがしっくりくるな。 タイトル的に。

つーかなんだ、俺がここまでハッキリ駄作扱いすることもかなり珍しいわけだが。金払ってみてるからかな。

友達といろいろ討論しました。
・あれがゲームだったらどういう評価を受けると思う?
 →クソゲー
・ONEとかも意味不明だけど、これも話題性出るんじゃないか?
 →いや無理だ、鍛えられたわれわれの想像力を持ってしてもこの作品は理解不能だ。
・シックスセンスみたいに、もう一度見たら楽しめる的な要素ってあったか?
 →一応あれはあれだけど、無理だな。 2度目を見ても無駄だろ。
・つーか、「バベル」ってタイトルどう思う?
 →どうだろ、一応3つほど言語出てきたり、聾少女とか出たけど、関連性が浅すぎる。
・むしろ日本パート必要か?
 →いらないよね、なんかあれだけ蛇足的じゃない?
・字幕だったね。
 →割と聞き取れる英語だったな。
・まあなんにせよ、この映画で評価されるべきは猫耳幼女だろう?
 →さりげなく窓越しに見えたよなww
 →なっw あの時は身を乗り出してガッツポーズとりそうになったよw 例の外国人バリにww


?電撃文庫ムービーフェスティバル(CMとオープニング)

ざわ…ざわ…
CLANNADのデモムービー。 沸き起こるどよめき。
このとき俺は会場の人が妙な一体感を醸し出していることに気づいた。
バベルの時とは大違いだ…!

そしてオープニング。
映画館の会場で巻き起こった笑い
何この一体感! シンクロ率!
雰囲気が映画館のそれじゃない!!


?灼眼のシャナ(劇場版)

とりあえず、俺が数えることができたのは7回(戦闘中にパンチラした回数)
あんなに目に全神経を集中させたのは、永夜抄で妹紅をやっつけたとき以来だ。
・気合入ってたね
 →ね。
・7回だったよ
 →それなんてパンツァー?


?キノの旅(劇場版)

特にある一点においてとにかく、「感動した!」
・感動した!
 →あぁ、まあ、なんとなく、わかるよ


?いぬかみっ!(劇場版)

劇場で、暗がりの中、メモを取りながら見てたんです。
以下がメモの内容
・ぞうさん
・メタルぞうさん
・うしろのぞうさん
・なのは
・ハルヒ
・かりな
・やらないか?
・合身!!
 →
純粋な面白さの前では人は、笑うしかないのだ。
そこが映画館であろうとどこであろうと関係ないのだ。
唐突に まさか あそこで…みたいなところで、 なのはのコスプレ とか、 ハルヒのコスプレ とか、反則を出されたら、会場は異常な一体感を見せずにはいられなかったのだ。
中学生も高校生も大学生も大学院生も社会人もニートもすべての人種がフイタ。
とにかく、映画館のエンディングのスタッフロールの場面で笑いが巻き起こった映画も珍しい。 というか俺は初めて見たよ。


rel="prev"<<完成っ | ホーム |

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
| HOME |