ひとモノBLOG

09 « 2017 / 10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile
SHOO
  • SHOO
  • 機械系の学生。の割にプログラミングとかのほうが得意だったり。
  • RSS
links
BLOG内検索
Adds by DTI Blog

究極合体「パーフェクトフリーズ」
2008/07/13(日) [16:34:51]

最近はもうすっかり夏です。暑いです。
PCもこの暑さだといかれるんじゃなかろうかって感じの暑さです。

そこで、冷風機を出そうと思ったのですが、これがうるさいのなんのって…
そろそろ扇風機の弱では耐えきれなくなった最近、いっそと思い、冷風機を買ってみよう…
と思いまして…

コンパクト涼風扇MA240なるものをド○キホーテで5000円弱で購入。
排熱用の仕組みがわからないと思ったら、どうやら水を入れて気化熱で冷却するらしい。
なるほどと納得して買った…わけだけど…

…買ったはいいのだけど、どうも涼しくならない…

なぜか…ふと部屋に持ってきていた湿度計をちらっと見てみる。

湿度:42%

あぁ、これは無理だな。
湿度が低くなければ水が気化しにくい=気化熱は奪われず、出てくる風は生暖かい…

構造的欠陥を発見してしまった。


5000円も出したので、これだけじゃ引き下がれないのが機械工学を習ったおいらだゼ!!

説明書を見ると…警告:改造、ダメ。
むう、改造は駄目なのか…

じゃあ、機能を補強するためのシステムを合体だ…!!!
冷風機を購入したのは実はこれが最初ではない。
以前に除湿を兼ねるヒートポンプ式の冷風機を購入していたことがあるのだ。

これは、気化熱を利用したものとは違い、あぁ、めんどい。詳しくは大学で熱力学I(だっけ?)を習えばいい。
要は、温度の低いところから高いところへ熱を組みあげるものだ。
これは、熱効率がよく、エコアイスだのエコキュートだので知られている。
日本で市販されるエアコンのほとんどがヒートポンプ式らしい。
暖かい湿った空気から、乾いた冷たい空気と、副産物として水を生成する…と言った感じだ。
というわけで、ヒートポンプ式の冷風機からは、水が出るわけだ。

なるほど、これを気化熱方式と組み合わせてやればいいわけである。






パーフェクトフリーズスペック

※上図はイメージ図です。実際の製品とは異なる可能性がありますのでご了承ください。











というわけで、合体させてみた。












パーフェクトフリーズ1
合体!





パーフェクトフリーズ2
連結部分
結合のための素材には100円ショップで買ってきたガムテープを使用。
耐震性を備えるべく、トラス構造を取り入れる。


パーフェクトフリーズ3
壁に貼り付けたらもう耐震性は完ぺきである。


パーフェクトフリーズ4
後ろの部分。
後ろからもがっちり連結。
…なんかいい方が卑猥になった。申し訳ない。


パーフェクトフリーズ5
上部。
?


パーフェクトフリーズ6
俯瞰。
どうでもいいけど、この構図って絵的にむずいんだよなぁ…パースが。








さて、動かすぞ…!!






動作開始!!!(ドライブ オン!!!)











う、









うるせぇ!!!




さすが?…!

これじゃあゆっくりできないよ!!!

やだ!
もうおうちかえる!!


rel="prev"<<D言語のIDE?そんなもんいらねぇ!Ginnieで十分だ! | ホーム |

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
| HOME |